料理に使用する刃物の良い方は日本文化のみ!?調理に欠かせない包丁の雑学をご紹介

このサイトでは、調理に欠かせない包丁の雑学を詳細に紹介しています。
多くの人が料理をする際に使用するものですが、その生い立ちは意外に奥が深く、またこれを知ることによって深く日本文化を理解する道にもつながります。
このサイトではこれらの情報を踏まえて、選びのポイントなどを紹介しているのが特徴です。
例えば、お手入れを楽にしたい人はチタン素材のものが最適であるなど、実用的な内容も網羅しているのがポイントです。

料理に使用する刃物の良い方は日本文化のみ!?調理に欠かせない包丁の雑学をご紹介

包丁は世界中の様々なところで料理をするために利用されるものですが、日本の場合には料理が日本文化の発展とともに次々とその形を変えてきたものでもあるため、非常に密接に関係するものとなっています。
そのため包丁の歴史を知ることで調理の方法はもとより、日本文化を深く理解することにもつながるものとなっているのが特徴です。
日本ほど調理の方法が複雑な国はなく、特に包丁の種類が数多く存在していると言うところは他にありません。

日本の食文化から誕生した調理に欠かせない和包丁とは?

日本の料理といえば今や世界に広まり浸透していますが、調理器具に関しても注目が集まっているといえるのではないでしょうか。
日本の料理に欠かせない調理器具の1つはいわゆる和包丁で、洋包丁と比べて日本刀を連想させる切れ味の良さが自慢です。
和包丁といっても魚の三枚おろしやぶつ切りに適した出刃、美しく薄切りができる刺身用、皮むきや面取りなど様々な使い方が可能な菜切りなどがあります。
漁師が使う船行包丁というものも存在しますが、いずれにも共通するのは食文化から誕生していることです。
つまり日本の食文化と深く関わり根づいている調理器具で、必要だからこそ求められて生まれたといえます。
他にも特徴を挙げるとしたら、芸術的なほどに美しい仕上がりで、料理のジャンルを超えて思わず欲しくなってしまう魅力です。
長く直線的な蛸引き、刃に厚みがあって体重を掛けて切ることができる骨切り、滑って捌きにくいうなぎに特化しているうなぎ裂きなども知れば、魅力が理解できてそれが自慢になるのではないでしょうか。

包丁は調理の仕方などで使い分けが必要

包丁には種類があり料理で使い分けると仕上がりが違います。
大きく和包丁と洋包丁に分けられますが、前者は和食の調理に使われる物のことで基本的には片刃です。
表側には段があり先端にいくほど薄くなっている、裏側は平面のため切った食材が付かないというのが特徴です。
このため食材の断面がキレイで切った食材が包丁から離れやすいです。
用途によって種類があり野菜を切る、魚を捌く、刺身を作る物に分けられます。
野菜を切るときは幅が広く薄い刃のものを用いると、千切りやかつらむきなどが上手くできます。
魚を捌くために使う物は刃は太く重いのが特徴で魚の頭を落とす、骨を割るときに使います。
刺身を作るときに使う物は細長い形状です。
先端がとがっておりその形状が柳葉に似ていることから柳刃型といわれるものと、先端がとがっていない蛸引き型があります。
現在では柳刃型が大半を占めていますが、いずれも魚の細胞を押しつぶさずに切ることができるよう設計されており、刃渡りが長いのはひいて切れるようにするためです。

毎日の調理に欠かせない包丁には和包丁と洋包丁がある

包丁は1種類のみと思われていますが、実は大きく分けて和と洋包丁の2つがあります。
和タイプは代表的なものとして出刃や柳刃があり、基本的に片方だけ刃がついています。
ごくごく一般的に見る包丁であり、魚や野菜を切るのに向いています。
削る、そぐといった作業に向いており、力を入れることによって刃のない方向へ逃げるように進む特徴があります。
食材を切ると大変美しい断面となるので寿司屋ではよく見かける包丁です。
洋タイプは牛刀やペティナイフが代表的であり、基本的には両方刃がついています。
刃渡りの幅も差があり小さい物から大きいものまで多種多様です。
力を入れた方にまっすぐと進むので、刻む作業や切る作業に向いています。
毎日使用するタイプであり、切る、刻むだけでなく、今ではそぐこともできるようになりました。
使い勝手が良いのは三徳と言われるものであり、野菜だけでなく肉や魚などに使用することができ、家庭で毎日最も使用されています。

プレゼントで選ばれやすい包丁の特徴は?

包丁をプレゼントしようと思った時選ばれやすいのは、ステンレス製の三徳です。
その特徴はステンレスという素材は、錆びないので手間がかからないということです。
でも鋼の包丁には手間がかかるけれど上手に研げれば綺麗で切れ味抜群、というメリットがあります。
しかし現在のステンレスは子のデメリットを克服する、V金10号鋼や銀紙3号鋼のような品質の良いものがで出来ました。
これにより錆びない上に切れ味抜群という理想的なものが出来ています。
包丁には牛刀のようなとがった刃形のものや菜切りのような四角い形のも、三徳のような先が丸い形をしたもの等があります。
その中で人気があるのは三徳です。
これは字のごとく、一本で肉や野菜、魚を切ることが出来るというお得感満載なものです。
これ一本あれば家庭で料理をするのには、ほぼ困ることがないでしょう。
刃の長さは大体18センチ位のものが好まれるようです。
以上のような理由から、ステンレス製の三徳包丁がプレゼントに最適だといえます。

家庭の調理で使用する包丁は15~18cmの長さが使いやすい

最近では多くの人が調理器具に対して様々な知識を得ることが多くなっており、使う食材や調理の方法によって包丁を使い分けると言う場合も増えています。
しかし、プロの料理人とは異なり、いくつもの種類を揃えることが難しいため、万能に利用することができるものを1つ用意しておくことが良い方法となります。
この場合には、大きさは15~18cmの長さが使いやすいと言われており、またそれほど料理が得意ではない人でも安全に使用することができるものとなっています。
包丁は長いものほど取り扱いが難しく、また短いものの場合には十分に使いこなすことができません。
一般的な家庭のキッチンでは大きな調理場のスペースを確保することもできないため、長い包丁の場合にはその取り回しが非常に難しくなってしまうことが多いものです。
そのため、15~18cmの長さのものが様々な食材を扱うことができ、それほど場所を取ることもないため非常に使いやすいものとなっています。

包丁の重さの目安は130~200g!ある程度重量がある方が安定感があり調理しやすい

軽い感覚のある包丁の方が使用感が良くて使いやすいとしたイメージがあるかもしれませんが、意外と重ための食材を切ることが多いこともあり、できればある程度重量のある包丁を使った方が安定感が増してくる感じがあるはずです。
重さの目安としては、少なくても130gから200gはあった方が良いかもしれません。
これくらいの重さだと手が疲れる心配は全くありませんし、程よい重量感で使っていて快適な切れ味を体験することができるのでおすすめします。
また、ある程度重たさを感じた方が集中して食材を切ることができるので、怪我をしたりする恐れが減ることも良さと言っていいでしょう。
もちろん、とても軽い包丁であっても使用感が抜群で使いやすいものは存在しています。
結局は自分に合っているかどうかを見極めることが大切になってくるので、それらを良く調べてから買うことを決断すると失敗しなくて済みます。
最近は包丁売り場でお試し切りなどができるサービスがあるので、積極的に使って確かめてみるのも良いかもしれません。

握りやすく手に馴染む柄も調理のしやすさに繋がる包丁選びのポイントの一つ

美味しい料理を作るためには切れ味の良い包丁が必要不可欠になってくるため、ただ必要だからといって安易に安めの包丁を買ってしまうのではなく、しっかりと自分に合った特徴を持っているのかよく調べてから買うようにしてください。
とくに絶対に抑えておきたいポイントに関しては、握りやすくて手に良く馴染む柄のものを選ぶことです。
手の形にフィットするような安心感のある包丁であれば、どんなに堅い食材であっても怪我をせずに使うことができますし、使用している途中で滑ってしまうなどの危険もなくなるのでかなり重要です。
そして、何度か使ってみて馴染まないと思ってしまった場合、それ以上その包丁を使用して料理し続けることはとても危険な行為になるので、勿体ないと思ったとしてもできれば新しいものに変えるなどする必要があります。
ただ、値段が高いからといって自分に合うとは限らないので、安いタイプのものでも試しに使ってみることは良いことです。

鋼素材の包丁は鋭い切れ味で調理中級者以上におすすめ

包丁の素材には様々なものが使われていますが、有名どころで言えばステンレスやセラミックなどが挙げられます。
このような中で、鋭い切れ味で調理中級者以上にオススメとされているものが鋼素材の包丁です。
錆びやすいためやや手入れには気を使う必要がありますが、調理に携わる多くの人が使っています。
鋼素材の包丁のお手入れとしては、料理中も水分をこまめに拭き取りながら使うことによって、サビやすさの問題を軽減することができます。
人気のステンレスに関しても金属であるため、水につけたままにしているとサビが発生するため注意が必要です。
板前さん等が調理している姿を見ていると、こまめに付近で包丁やまな板を拭き取っている姿を目にすることでしょう。
少しサビが出てしまっても、市販のサビ落としなどで表面を軽く磨けば問題がありません。
切れ味が落ちてきたらその都度研ぐことを心がけましょう。
慣れれば扱いはそれほど難しくありません。
手入れをしっかりとすることによって、自分の手に馴染んでいくことでしょう。

柄の材質と形状が自分の手に合ってる包丁は調理のしやすさにも繋がる

調理用の包丁には、刃の形で様々な種類が存在しています。
大きく分けると片刃の和包丁と両刃のシェフナイフです。
この2つも更に多くの形状に分類されます。
しかし刃の形だけでなく柄にも注目して品物を選ぶことも重要なのです。
なぜかと言うと、包丁は正しい持ち方をしなくては切れ味も落ちますし刃こぼれの原因にもなってしまうからです。
また、手に合わない柄の形状は、負担をかけたり怪我につながるなど危険な側面も持っています。
柄の形の種類は丸形やシノギ、八角型などがあり、もっとも流通しているものが八角型です。
ステンレス製のシェフナイフなどはより手にフィットしやすいようにフラットに近い形態になっています。
和包丁の柄を選ぶなら、角型のものかシノギ形式が手の形に合う傾向にあるようですね。
丸形は握るときの手へのストレスが低いのが利点ですが、一方で滑りやすいというデメリットもあるので注意が必要なのです。
なんによ、形以外にも素材が何でできているのかにも注目しなくてはいけません。
木製なのかプラスチックなのかによっても馴染み具合は違うものだからです。
お店で購入するときは、可能なら一度手にとって感触を確かめてみるといいでしょう。

包丁に関する情報サイト
それぞれの包丁の魅力

このサイトでは、調理に欠かせない包丁の雑学を詳細に紹介しています。多くの人が料理をする際に使用するものですが、その生い立ちは意外に奥が深く、またこれを知ることによって深く日本文化を理解する道にもつながります。このサイトではこれらの情報を踏まえて、選びのポイントなどを紹介しているのが特徴です。例えば、お手入れを楽にしたい人はチタン素材のものが最適であるなど、実用的な内容も網羅しているのがポイントです。

Search